借金 自己破産

自己破産について

自己破産 デメリット

 

借金が返せない=自己破産だと思っている人はたくさんいますね。
返せなくなったら自己破産をすればいいと言うのは、間違っています。自己破産をするにはいくつか条件がありますし、メリットもデメリットもあります。さらに自己破産ができない場合というものもあるのです。

 

@自己破産のメリット
自己破産のメリットといえば、もちろん借金がすべて無くなることです。多額の借金を抱えていた生活から一気に借金が無くなるのですからこんないい話はありません。人生をリセットするチャンスをもらうわけです。

 

A自己破産のデメリット
自己破産のデメリットは、価値のある家や車、99万円より多い現金などが差し押さえになります。また、ブラックリストに名や住所が掲載されるため今後7〜10年は新たに借り入れをすることができません。官報への名前の記載もあります。自己破産が認められるまで弁護士や税理士、宅建建物取引業者など資格が制限されます。連帯保証人がいる場合はその人に迷惑がかかるなど、いろいろあります。

 

B自己破産できない(免責されない)場合
自己破産には、免責されない場合があります。それは、財産の隠匿、換金行為、ギャンブルや浪費、詐欺などが認められた場合は自己破産ができなくなることがあります。

 

C自己破産の費用と期間
自己破産を申し立てる場合は、ほとんどの方が弁護士に依頼することと思います。その費用は20〜40万円ほどかかります。なぜこんなに幅があるかというと、債権者の数によって決まるからです。自己破産の手続きは自分で行うこともできますが、時間もかかり多くの書類を読んで理解して書いて提出するため、仕事を抱えてる人には簡単ではありません。自己破産が決定する期間も書類提出から数日というものでなく、数カ月かかります