借金 時効

借金には時効がある!

自己破産 時効

 

借金には時効があるのを知っていますか?

 

借金の消滅時効は、@返済しなかった期間が何年も継続していることA時効の制度を使うことを債権者に伝えるという条件が必要です。

 

ただ期間が経過していても勝手に時効になるのではなく、時効になりましたよと相手に伝えなければ成立したことにならないということです。

 

では何年経過すれば時効が成立するのかと言えば、債権者が銀行や消費者金融の場合は5年、個人の場合は10年(場合によっては5年)となります。

 

では借金をしても返済せずに5年間督促状を無視し続ければ逃げ得なのでしょうか?
それがまかり通れば貸金業者は商売が成り立たず困りますね。
だから、貸金業者には債務者の時効が進むのを食い止める「時効の中断」という方法があります。

 

貸金業者(債権者)から時効の中断を受けると、時効期間がストップするので借金の返済を拒否し続けても時効は成立せず支払義務は残ったままとなります。

 

たとえ借金の返済をしないまま5年経過しても、何もしなければ時効は成立していません。債務者が債権者に「消滅時効の成立:借金の返済義務は消滅しています」と内容証明郵便を送付して初めて時効が成立となります。これが時効の援用です。