借金 過払い金

過払い金ってなんですか?

借金 過払い金

 

ちょっと前までテレビコマーシャルで過払い金について放送していましたね。
過払い金とは、払いすぎた利息を返してもらうというものです。
なぜ利息を払いすぎていたのでしょうか?

 

それは、金利の上限が2つあったからなのです。
・1つは利息制限法の上限金利:借りた金額によって15・18・20%とがある。
・もう1つは出資法の上限金利:29.2%

 

このように2つの上限金利があったせいで、過払い金が生じたのです。
金融業者は金利分が儲けとなりますから、貸し付けの際は高い金利で貸したいと思うのは当然です。
多くの金融業者が出資法の上限金利29.2%で貸し付けていました。

 

しかし、法律が変わり利息の上限金利は利息制限法の15・18・20%で行うようにと通達があったわけです。
となると、いままで29.2%の金利を支払っていた人たちは金利を払いすぎていた計算となり、その分は返還するようにという命令が下ったのです。
2010年以前に、消費者金融やクレジットカードでお金を借りたことがあるという人は全員対象となります。

 

しかし過払い金は最後に借金を返済してから10年が経過すると請求できなくなります。
心当たりがあるなら、早めに請求手続きをしましょう。